転職サイト比較

転職サイトと履歴書記入

昔ならば転職先を探すとなれば、ハローワークや転職情報誌を見て探していましたね。転職情報誌なんか一週間に1度しか出なくって、見つからない時は暇をもてあましたものです。

最近では転職サイトというものがあります。転職サイトとは、企業の求人情報及び会社情報、就職活動の方法などを載せているWEBサイトを言います。この転職サイトでは、転職希望者・中途採用者のみならず、新卒・派遣・アルバイトまで、あらゆる職種の求人情報を載せています。よって、転職サイトの利用者も老若男女様々な人達が利用してます。

転職サイトでは一般的に、勤務希望地・希望職種などを入力すると、すぐにその条件に合った求人情報がパソコン上に現れます。気に入った勤務会社を見つけたら、まず履歴書を作成しましょう。

手書きを郵送する以外にも、今ではネット上の履歴書フォームがあります。自分の住所・氏名・電話番号・今までの職歴など、書く内容は一般的な履歴書と何ら変わりありません。この履歴書でその人柄を判断されるので、なんとか面接まで持ち込むよう、きちんと書きましょう。面接フォームを書き込んで送信すると、気に入られれば後日担当者から直接連絡が入るでしょう。

転職サイトで面接対策?

転職サイトを利用するメリットは、まず第一に自分の希望に合った条件の仕事を瞬時に選べる事があります。更に自分の希望する条件を登録しておくと、新しい求人情報が入った時にEメールで知らせてもらえます。

また、自分が登録しておいた条件を目にした企業側から、直接仕事の依頼が来る事もあります。昔であれば、自分が希望する会社に一つ一つ電話をかけて、もしくは自分の足で回って求人先をたずねたものですが、今では家にいながらにして即座に求職情報を得られるようになりました。限られた時間を有効に活用する、これは非常に便利ですね。

求職情報を提供するだけでなく、転職サイト側も様々なサービスを提供しています。例えば適性や適職の診断。心理テストやカウンセリングを通して判断します。それから履歴書の書き方や面接対策などの就職活動に関する情報。更には、企業のセミナー情報や業界の動向などの情報提供があります。

一般的には、平均2〜5社の転職サイトに登録する人が最も多いと言われています。そうは言っても、この世界的な不景気の中で就職先を探すのは至難の業ですね。派遣切り・リストラ数が増えて、なかなかすぐには見つからないかもしれません。

Google

転職サイト関連最新情報

ソフトバンクGが急反落!日経平均株価は3日ぶり反落(投信1)

スマート、新たなトップを指名…全車電動化戦略を継承へ(レスポンス)

京三製作所、インド鉄道の信号設備を受注(SankeiBiz)

ミネベアミツミ、東欧の新工場を操業(SankeiBiz)

リストバンド装着で働き方改革 ユビテックが支援ツール「Next Work」を販売(SankeiBiz)

5月の工作機械受注、14.9%増の1492億円(SankeiBiz)

「川上から川下まで協調」し開発 NEDO、川崎重工などがマグネシウム合金製の鉄道車両試作(SankeiBiz)

築地太田、魚介類の海外業者向け販売強化 多言語対応と鮮度の良さが強み(SankeiBiz)

「非炭酸」、インドで広がる健康飲料 コカ・コーラなど、商品開発を短縮(SankeiBiz)

キリンHD、FSC認証紙への切り替え加速 年内にも前倒し達成、環境に優しい企業アピール(SankeiBiz)

転職活動の合間の資金稼ぎに最適な単発バイト